読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TWの最終型の純正タイヤから初期型の純正タイヤに交換した

TW200 Custom

こんにちは。

CanonのEOS X8iが欲しい、EOS M使いの私です。

 

ヨドバシに行ったらカタコトの外人店員にめっちゃM5を推されましたが、

なんかコレジャナイ感がするんですよね。

 

TW200のタイヤを交換した

またまた出てきました納車時の写真

明るいところで私のTWのみが写った写真がこれしかない

 

そもそもどんなん履いてたの

私のTWは00年式です。

前の記事でも紹介した通り、純正タイヤは亀甲タイプのオンロード向けの物を装着しています。

 

 こちらがフロント用(実はセロー225のリア用サイズと同じ)

 

 こっちがリア用

 

ぶっちゃけこっちでもフラットダート程度なら走れはするのですが、

初心者でましてや足の着きが悪い私がこれのまま走れるわけがなく…

 

見た目の雰囲気もあまり好きではないので交換になりました。

 

で、

 

今回装着するタイヤがこちら

 

こちらがフロント用

 

こっちがリア用

 

国内版初期TWの純正タイヤであり、海外版現行TWの純正タイヤです。

(友人談:ブロック間隔広くない?)

実はDunlopのK180と迷いましたが、用品店に並んでいた新品を見かけた際に意外と溝が浅かったので今回は見送りにしました。

滑るという話もあるので次回もTWかなとは考えています。

欲を言えば一部の人が試しているATV用のタイヤも履いてみたいですが、

さすがに舗装路メインになると厳しいので履けませんね。毎回交換もつらいですし。

 

ちなみに共に信頼と安心のAmazonで購入。

普通に宅配便で届きました。

 

こんな感じで部分ビニールで配送されてきます。

今回は失敗したときのためにワンセットずつ新品のチューブも購入。

数日寝かせた後、意を決して某所で交換してもらいました。

 

どんな感じの作業だったの

とある事情で撮影できないので写真はありませんが、

  1. 前後のタイヤを車体から外す
  2. ビードを落とす
  3. チューブを抜き取る
  4. 古いタイヤを取り外す
  5. 新しいタイヤを半分まで入れたタイミングで新しいチューブを入れる
  6. タイヤを完全にリムに入れる
  7. チューブを膨らませて空気圧調整
  8. 車体に取り付けて完成

まあ通常のオフロードバイクと特に変わらない組み付けでした。

懸念事項だったビードの上げ落としもタイヤチェンジャ―を使えたので楽々。

実作業時間は1時間程度でした。

 

作業中は車体を縦にした一斗缶の上に載せていましたが、

終始安定した状態で前後両方とも地面から離れていたのには驚きました。

重量バランスがきちんと考えられているのかもしれないですね。

 

取り付けたらこんな感じになったよ

装着直後なのでトレッドにマークが残ってますね。

 

いままで以上にオフロードバイクっぽさが出たかなと。

ホイールも余った時間にコンパウンドでリムを磨いたのできれいです。

 

インプレッションを…と思いましたがまだ40キロほどしか走っていないので表面の皮むきが終わっておらず、林道にも持って行っていない(というかまだ未体験)ので落ち着くまで持ち越しにしたいと思います。

 

おまけ

 

友人のDF

山帰りでこのまま街を走ったらみんなこっち見たと興奮気味に話してくれました。

(ドMか?)