TWに装着できるアップマフラーを探す

こんにちは

ブログ更新滞ってしまい申し訳ございません…めぐさんです。

 

 

TWをオフロード仕様にカスタムする際に気になるのが、アップタイプの社外マフラー。

ダウンタイプのフルエキゾーストマフラーはネットで検索しても比較的簡単に多数ヒットしますがアップタイプのマフラーは中々出てきません。

 

今回はTW200、TW225に使用できる社外品のアップマフラーの中で、エキパイを純正のまま使用しテール側のみ交換するスリップオンタイプのマフラーを紹介していきます。

 

この記事は2017年6月に書いた「TW200にDGパフォーマンスのオフ車向けマフラーを取り付けた」記事を大幅加筆編集したものになります。

works-megusan.hatenablog.com

 

 

 

アップマフラーの大きな特徴

アップマフラーはエンジンからサイレンサーまでを純正マフラーと同じレイアウトで分割した上で、エンジン以降から全て交換するタイプをフルエキゾーストタイプ、純正のエキゾーストパイプ(以下エキパイ)を流用し、エキパイ後端部以降を交換するタイプをスリップオンタイプと言います。 

 

基本的にはごく一部の製品を除いてアップマフラーの社外品はスリップオンタイプです。 

 

項目説明

画像提供:製品を装着している車両の写真を提供していただいた方のリンクです。

対応車種:TWの各排気量に対応しているかを説明しています。

タイプ:マフラーの接続タイプを説明しています(今回は全てスリップオンです)

JMCA認証:こちらを参照してください(全国二輪車用品連合会のページに飛びます)

接続方法:エキパイとの接続方法を説明しています

販売状況:2020年2月現在販売されているかを説明しています

 

TW200、TW225のマフラーの互換性

こちらの2枚の写真、1枚目がTW200、2枚目がTW225のタンデムステップ周辺を撮影したものです。

一見すると同じように見えると思いますが、注目していただきたいのがマフラーとフレームを接合しているブラケット部分。

よく見ると位置と形状が違うのがお分りいただけると思います。

 

実はTW200と225でフレーム形状が違い、純正マフラーの互換性が無いんです。

テールカウル形状が違う影響でそれに合わせてシート以降のサブフレームが違うことは有名ですが、フレーム形状が違うことはあまり知られていません。

 

ここで注意していただきたいのは社外マフラーの中でTWシリーズの適合不明の中古マフラーを買った際や、明らかに排気量を間違えて解体部品として出回っているものを買った場合で、例えば225ccに乗っている方が200cc用のマフラーを購入した際取り付けができない可能性が高くなります。

 そのため、購入する際はメーカー側での適合確認や、解体部品の場合は同時出品されている同じ車両から外された部品を確認してきちんと自分のTWに取り付けることができるか確認する必要があります。

特に解体部品の場合はスカチューンでカウルがなかったり、タンクが交換されていて200ccなのに225ccのタンクが装着されている場合があるので注意が必要です。

 

また、海外仕様のTWは全車200ccですがどこかの年式からか225フレームに変わっているようなので購入時は製品をよく確認した方が確実です。

 

国内正規ルートで購入できるアップマフラー

PROSKILL ストリートFOUR サイレンサー

画像提供:Ryo39さん(instagram:https://www.instagram.com/nechi_king

対応車種:TW225(メーカー掲載)

タイプ:スリップオン

JMCA認証:有り

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:廃盤

 

レース向け2stチャンバーなどで知られるプロスキルのストリート向けサイレンサー

メーカーではTW225専用とされていますが画像の通り200にも取り付け可能な模様です。

この他エンド部分が脱着可能なレーシングモデル(JMCA非対応)や排気音量とトルク管理ができるEDマフラーが存在していました。

 

RSV シリーズ3 FOURサイレンサー

画像提供:URさん(Twitter:https://twitter.com/Cross4Drag

対応車種:TW200/225(各排気量専用品番かは不明)

タイプ:スリップオン(別売エキパイによりフルエキ化可能)

JMCA認証:不明(おそらく無し)

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:廃盤

 

現在も4スト2スト向けに幅広くマフラーを生産しているRSVのサイレンサー

ダウンタイプが有名ですが、短い間だけアップタイプが生産されていました。

確認できたカタログにJMCA対応の文字がなかったのでおそらくJMCA非対応だと思われます(初期モデルは一律非対応で後から一部車種で対応モデルが追加販売されていました)。

また、現在廃盤になっていますがRSVではステンレス製のエキゾーストパイプ(画像の車両にも装着)をリリースしておりました。

 

アクティブ スーパートラップ

画像提供:kouさん(Twitter:https://twitter.com/TW_R1Z 

対応車種:TW200/225共用(メーカー掲載)

タイプ:スリップオン

JMCA認証:無し

接続方法:はめ込み+液体ガスケット+バンド

販売状況:廃盤

 

おそらくTWの社外マフラーといえば真っ先にこのイメージを思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。

基本的にはスーパートラップ社のサイレンサーにショップオリジナルのジョイントパイプを組み合わせるのが一般的で、アクティブ製以外にもかなりのショップがオリジナルマフラーとして販売していました。

サイレンサー最後部にある皿を交換し枚数を調整することで音量調整や排気抵抗を変えてセッティングをすることができる構造になっています。

また、通常テールエンドは一枚皿で塞がれていますが、画像の車両のように後方排気化+排気抜け向上の為に貫通タイプのエンドや、排気抵抗は変えないまま排気角度を変えるアクシャルフローディスクなども販売されており、同じスーパートラップのマフラーでもかなり特性の違うモデルが多数販売されていたようです。

 

PLOT スーパーサウンド

画像提供:Hotさん(Twitter:https://twitter.com/hot02464269

対応車種:TW200/225共用(メーカー掲載)

JMCA認証:無し

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:廃盤

 

スーパートラップと同じ構造を有しているマフラーです。

一見デザインが全く同じように見えますが、スーパートラップ社製品との大きな違いとして本体付属の特殊形状のリングを各皿の間に挟み込むことで排気方向を制御し車両外側に排気が行ってしまうことを防ぐスーパーシールドシステムが搭載されていたり(道路運送車両法に定められている排気方向の制限に対応)、通常のディスクにも数枚トライアングルディスクと呼ばれる三角形の穴が空いたディスクが存在し、丸穴ディスクと組み合わせることで広いセッティングにも対応しています。

 

輸入経由で入手可能な海外向けアップマフラー

未だ新車が生産されている北米仕様のTW200向けにカスタムパーツがラインナップされています。

向こうではオフロード車としての運用が多く、販売されているカスタムマフラーもほぼ全てがアップタイプです。

ポイントとして発売から現在に至るまで200ccエンジンを搭載し続け、外装部品も国内200cc時代と同じものを採用していますが2000年前後を境にフレーム形状が変わったようで(国内の225ccのものと同じかは不明)、マフラーによってはエンドパイプとフレームの接合用の穴が合わないようです。

FMF Powercore4

画像提供:健吾さん(Twitter:https://twitter.com/oroshigane_kun

対応車種:TW200(国外モデル)

タイプ:スリップオン

JMCA認証:無し

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:現行

 

モトクロッサーでお馴染みFMFですがTW用もしっかりラインナップされています。

海外モデルのTW200用となっていますが、一応テールエンド取り付けステー加工なしで国内TW200、225共に取り付けができるようです。

現在はWebikeや海外バイクパーツの輸入代理店にて購入することができます。

 

FMF MEGA MAX

画像提供:ナガマサさん(Twitter:https://twitter.com/ilovem249

対応車種:TW200(国外モデル)

タイプ:スリップオン

JMCA認証:無し

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:廃盤

 

貴重なFMFのスーパートラップモデルです。

基本的にはスーパートラップと同じような設計で、通常のマフラーと同じ形状のテールエンドも存在するのでエンド交換により後方排気のマフラーにすることもできる模様です(共に部品は廃盤)。

 

DG Performance V2 Slip-on Exhaust

対応車種:TW200(国外モデル)

タイプ:スリップオン

JMCA認証:無し

接続方法:はめ込み+液体ガスケット

販売状況:現行

 

私が装着しているスリップオンマフラーです。

仕様自体はFMFのパワーコアを少し大きくしたような感じでテールエンドが3タイプ存在します。

サイレンサーとテールパイプの接続にスプリングを併用しているのが特徴です。

現在はWebikeや海外バイクパーツの輸入代理店にて購入することができます。

 

廃盤品率がかなり高い状態

国内流通品や海外モデルなどを複数紹介してきましたが、ネット上や過去の雑誌などを漁るとまだまだかなりの種類のアップマフラー(当然今回取り上げないダウンタイプも)が販売されており過去のカスタムTWのブームの勢いを感じ取ることができます。

 

しかし、そんなブームも過ぎ去ってから十数年もの月日が経ち今に至っては安く流通しているスカチューン仕様や解体された中古部品の残骸に当時の面影を照らし合わせることしかできない状況になっています。

今回紹介できなかったマフラーの中でも、ホワイトブロス社製のスーパートラップタイプやYouShop松田社製のレーシングスリップオンなど素晴らしいマフラーが多数存在していましたが、現状9割近いカスタムマフラーが製造終了廃盤状態となってしまっており、解体車上がりの中古部品を気長に探すしかないのです。

 

マフラー本体の他車種流用は厳しい

一見するとTWと形状が同じように見えるセロー225やブロンコのマフラーですが、実際TWのものと比較すると全体的な角度が違いマフラー本体の互換性はゼロです。

過去にBW200のマフラーが互換性があったという情報もありましたがBW200自体がまず社外品のマフラーが存在しないため流用は絶望的です。

 

また、エンジンからテールパイプへ繋ぐエキゾーストパイプはセロー225のものが流用可能なようで、3RW以降のセロー225の純正エキパイ(新品は廃盤)を流用しステンレス化している方や、社外品でも上で紹介したRSVやストレイガからTW/セロー225共用のエキパイが販売されていたこともあったようです(共に廃盤)。

 

まとめ

バイクカスタムにおいて定番となりつつあるマフラー交換。

隣のカスタムTWと差をつけるためにダウンテールからマイナーなアップテールに交換してみるのも面白いかもしれませんね。

もしもここに掲載されていないマイナーなアップマフラーを装着してみたよという方はTwitter経由などで連絡していただければ追加掲載しますのでぜひ探してみてください。

TW200のタイヤを交換をした(フロントタイヤ編)

こんにちは

 

台風すごかったですね。

近場もかなり冠水して水害の恐ろしさを改めて思い知りました。

 

前回のリアタイヤ交換から約一年、やっと交換できたので紹介したいと思います。

今回選んだタイヤ

f:id:Works_Megusan:20191011002700p:plain

Maxxcross EN M7314

http://www.maxxis.co.jp/size/details/category/9/id/107/

MAXXISからリリースされているオフロードタイヤです。 

サイズは120/90-18でリア用ラインナップになります。

 

今回の選定理由としてはリアタイヤと同一メーカーであり、かなり本格的なトレッドパターンを有した公道走行可能なオフロードタイヤであったこと。

 

国産メーカーの同等品と迷いましたがやはりメーカーは揃えたい気持ちが強かったのでこの銘柄を選びました。

 

MAXXISはKTM純正採用メーカーですが、個人的には四駆のタイヤのイメージが大きいです。

人の背丈ほどのある岩を車で乗り越えるロッククローリング競技などではグッドリッジ、スワンパーなどと並んでかなりのシェアを誇っていたり。

海外のオフロード競技でもサイメックスなどと肩を並べる人気で四駆好きでは知っている方もいるのではないでしょうか。

 

 装着してみた

今回も取り付けを引き受けてくれるバイク屋を探すのに難儀しました(引っ越して前のバイク屋に行けなくなったため)が、なんとかお願いできるショップを探し出し取り付けてもらいました。

 

サイズ感としては純正タイヤより一回り大きくなった感じ。

幅はそこまで変わらなかったので、純正のダウンフェンダーとも干渉せずフィッティングは問題なかったです。

 

タイヤインプレッション

とりあえず400キロほど試走。

オンロード

エア圧は色々試してみて今は冷間1.5キロで落ち着いています。

大きく感じたのはタイヤのコンパウンドに起因するブロックが潰れる感覚。

 

グリップの十分な舗装路面ではコーナーで寝かせて踏ん張った際にブロックがぐにゃっとする手触りがハンドルに伝わり結構怖いです。

 

コンパウンド自体も柔らかいのでハンドルも若干重く感じます。

この辺りは想定範囲内ですね。

 一度スピードを乗せてしまえば安定感はバッチリなのでバイパス路などでは全く問題なしでした。

 

オフロード

今回は比較的締まった土質のダートをチェック。

 

エア圧は舗装路から落としてはいませんでしたが、まさに水を得た魚のようにしっかり道を捉えて安心した走行フィーリングです。

さすがエンデューロタイヤといったところですね。

 

(マッドも試したいところでしたが日頃走っている場所が台風で完全に水没してしまったので今後時間を見てインプレッションを追記予定です)

 

まとめ

今回初の試みでリア用タイヤをフロントに履かせるというタイヤ選択をしましたが、

見た目は前後同メーカーの本格オフロードタイヤで大満足。

乗り味は見た目の満足感でカバーという感じになりました。

 

正直単純に街中を走るだけではデメリットの方が多いかなという感じですが 普通にバイパスを巡航する程度であれば問題なく走れますし、それ以上に林道での確実な走破性による安心感が大きかったので個人的には問題ないかなぁという感じです。

 

***こっそり追記***

タイヤを組むバイク屋の選択をミスるとこうなります(平坦な舗装路100キロ付近のハンドルのブレが尋常じゃないので他のバイク屋にバランス取りのみやり直してもらったらこうなったの図、タイヤを組んだバイク屋曰く輸入ブロックタイヤはこういうもんだと言われましたがそんなわけないですよ?)。

BW200というバイクが欲しい

こんにちは

 

 

今回はTWの実質的な兄弟車であるBW200というバイクを紹介していきます。 

  • TWによく似ているバイクがある
  • 特徴的なポイントとか
    • バルーンタイヤ
    • スイングアーム
    • 外装 
  • 部品入手とカスタム
  • まとめ

 

続きを読む

TWのクラッチを交換する(作業編)

こんにちは、最近色々と自分の立場を考え直す出来事があった馬です。

 

そんな時でもバイクは裏切らない。

昔ほどの熱は消えてしまいましたが今でも最高の存在です。

 

  • 作業はこんな感じでした 
  • 交換したらこうなった
  • 次は何する?

 

続きを読む

TWのクラッチとニュートラルスイッチを交換する(準備編)

こんにちは

 

5月に仕事の関係で関東へ引越ししまして、

慣れない新天地で四苦八苦してますめぐさんです。

 

バイクは相変わらず乗ってますが一度のプチツーリングで県を跨ぐ長距離走行になっちゃってます…

週末しか乗らないのに一月に2〜3000キロくらい乗っちゃってますね。

 

  • 最近聞いている曲
  • クラッチが滑っている気がする
    • 交換する部品
      • 537-16321-00 プレ-ト,フリクシヨン
      • 137-16324-00 プレ-ト,クラツチ 1
      • 90501-243J7 スプリング, コンプレツシヨン
      • 4BE-15462-00 ガスケツト,クランクケ-スカバ- 3
  • ニュートラルに入れてもランプが点かない
    • 交換する部品

 

続きを読む

【流用情報】TWにハザードスイッチを取り付ける

こんにちは

 

先日の記事のコメントで

「セロー250のハンドルスイッチを流用してハザードを取り付けた話を説明して欲しい」

という話を頂いたので紹介していきたいと思います。

 

  • スイッチはこんな感じ
    • TW200純正
    • セロー250純正
  • ハザード化に必要なもの
    • ハンドルスイッチボックス左 セロー250
    • M&Hマツシマ LHN700 ウインカーパイロット・ハーネス
    • 110型カプラー6極&4極(ギボシ
  • 配線の組み替え
    • 110型6極カプラー
    • 110型4極カプラー
    •  ギボシ
  • スイッチが後付け感無くついているのは気持ちがいい

 

続きを読む

【手直し記事】TWにフォグランプを取り付ける

 

フォグランプの記事は過去のアクセスランキングの中でも上位に入る記事でしたが説明が甘いところが多数あったり画像の抜け落ちが多かったのでまとめ直してみました。

この記事はフォグランプの取り付け記事を統合して大幅に手直ししたものになります。

 

works-megusan.hatenablog.com 

works-megusan.hatenablog.com

 

続きを読む