【流用情報】TWにハザードスイッチを取り付ける

こんにちは

 

先日の記事のコメントで

「セロー250のハンドルスイッチを流用してハザードを取り付けた話を説明して欲しい」

という話を頂いたので紹介していきたいと思います。

 

スイッチはこんな感じ

例:(カプラー種類/色)車体=車体側配線色 → スイッチ=スイッチ側配線色

配線の組み替えや端子組み作業をする前に準備として、マスキングテープなどに接続先や配線の用途をメモしておくと取り付ける際に楽に取り付けができるので手っ取り早く終わります。

 

TW200純正

 

①ヘッドライト ハイ/ロー切り替えスイッチ

 (黒110カプラー)車体=薄茶色 → スイッチ=青色/黒ライン

            車体からヘッドライトスイッチへ "入力" されます。

 

 (ギボシ)      車体=緑色 → スイッチ=緑色

            ヘッドライトスイッチからヘッドライトローへ "出力" されます。

 

 (ギボシ)      車体=黄色 → 車体=黄色

            ヘッドライトスイッチからヘッドライトハイへ "出力" されます。

 

②ウインカースイッチ

 (黒110カプラー)車体=薄茶色/白ライン → スイッチ=薄茶色/白ライン

            車体からウインカースイッチへ "入力" されます。

 

 (黒110カプラー)車体=濃茶色 → スイッチ=濃茶色

           ウインカースイッチから左ウインカーへ "出力" されます。

 

 (黒110カプラー)車体=濃緑色 → スイッチ=濃緑色

           ウインカースイッチから右ウインカーへ "出力" されます。

 

③ホーンスイッチ

 (黒110カプラー)車体=ピンク色 → スイッチ=ピンク色

           車体からホーンスイッチへ "入力" されます。

 

 (黒110カプラー)車体=黒色 → スイッチ=黒色

           ホーンスイッチからホーンへ "出力" されます。

 

セロー250純正

f:id:Works_Megusan:20190310225050j:plain

①ヘッドライト ハイ/ロー切り替えスイッチ

 (白110カプラー)車体=青色/黒ライン → スイッチ=青色

            車体からヘッドライトスイッチへ "入力" されます。

 

 (白110カプラー)車体=緑色 → スイッチ=緑色

            ヘッドライトスイッチからヘッドライトローへ "出力" されます。

 

 (白110カプラー)車体=黄色 → 車体=黄色

           ヘッドライトスイッチからヘッドライトハイへ "出力" されます。

 

 (白HMカプラー) 車体=黄色 → 車体=黄色

                                   ヘッドライトスイッチからヘッドライトインジケーターへ "出力" されます。

 

 

②ウインカースイッチ

 (白110カプラー)車体=薄茶色/白ライン → スイッチ=薄茶色/白ライン

              車体からウインカースイッチへ "入力" されます。

 

 (白110カプラー)車体=濃茶色 → スイッチ=濃茶色

              ウインカースイッチから左ウインカーへ "出力" されます。

 

 (白110カプラー)車体=濃緑色 → スイッチ=濃緑色

              ウインカースイッチから右ウインカー用へ "出力" されます。

 

 (白HMカプラー)車体=濃茶色 → スイッチ=濃茶色

              ウインカースイッチからウインカーインジケーターへ "出力" されます。

 

 (白HMカプラー)車体=濃緑色 → スイッチ=濃緑色

              ウインカースイッチからウインカーインジケーターへ "出力" されます。

  

③ホーンスイッチ

 (白110カプラー)車体=ピンク色 → スイッチ=ピンク色

            車体からホーン用の電気が "入力" されます。

 

 (白110カプラー)車体=黒色 → スイッチ=黒色

            ホーンスイッチからホーン用へ "出力" されます。

 

④ハザードスイッチ

  特に特別なカプラーは割り当てられていません。

 

 

ハザード化に必要なもの

ハンドルスイッチボックス左 セロー250

f:id:Works_Megusan:20190310225050j:plain

部品番号:3C5-83972-00

セロー250のハンドルスイッチです。

 

中古を買うのが無難ですがボロボロの安いやつを買うよりは綺麗なやつを買ったほうが後々気持ちが楽になります。

H4のコネクタがついていますが純正のヘッドライトを使う場合はギボシに変換しましょう。

 

M&Hマツシマ LHN700 ウインカーパイロット・ハーネス

 

f:id:Works_Megusan:20190311231147j:plain

www.webike.net

オス側とワニ口側に整流ダイオード(一方向からのみ電気が流れる様にする部品)が取り付けられた製品。

整流ダイオードについての知識がある人は自分で配線を作ってみると安上がりですね。

 

インジケーター周りの配線加工で使用します。

 

TWとセロー250のインジゲーター周りの配線が大きく違うので配線羅列をセロー250に、コネクタをTWに合わせて行く方向で加工していきます。

ちなみにこちらの配線加工を施すことでLEDウインカー(特に電球のみ交換する場合)にした際に起きるバグが発生しないので同時に組んでおくと後々LED化する際に楽です。

 

110型カプラー6極&4極(ギボシ

(画像は2極タイプ)

配線を作る際に使用します。

メインカプラーはセローとTWで同じ110型6極カプラーを使用しているのですが、残念ながら両側ともにオスなのでどちらか片方をメス側に変換しなくてはいけません。

 

110型4極カプラーはTWのインジケーターへ割り当てられるカプラーに使用されています。

セロー250はここの部分にHM型3極カプラーを使っており、TWの既存の4極カプラーが使える様に配線を組み替えます。

 

セロー250のヘッドライトはH4カプラーなのでTWの純正ヘッドライトをそのまま使用する際はH4カプラーの手前で配線をカットし、先端をギボシ端子にする必要があります(今回私のTWは社外のH4バルブのヘッドライトを装着しているのでそのまま)。

 

配線の組み替え

今回のメイン作業です。

同じヤマハのオフロードバイクなので配線色はほとんど同じですが、カプラー配置まで同じではありません。

今回のパターンの様にギボシが使われていたりカプラーの向きが逆だったり違うカプラーになっていたり…なんていうこともあります。

110型6極カプラー

今回メインになるカプラーです。

 

① 車体=薄茶色/白ライン → スイッチ=薄茶色/白ライン

ウインカーリレーに接続されます。

 

② 車体=濃茶色 → スイッチ=濃茶色

ウインカー左+に接続されます。

 

 

③ 車体=濃緑色 → スイッチ=濃緑色

ウインカー右+に接続されます。

 

④ 車体=薄茶色 → スイッチ=青色

ヘッドライトリレーに接続されます。

 

⑤ 車体=ピンク色 → スイッチ=ピンク色

ホーン+に接続されます。

 

⑥ 車体=黒色 → スイッチ=黒色

ホーン-に接続されます。

 

110型4極カプラー

少々変則的な組み方です。

 

① インジケーター=濃茶色 → 車体=濃茶色

ニュートラルインジケーター(多分-?)に接続されます。

 

② 車体=水色 → インジケーター=水色

ニュートラルインジケーター(+)に接続されます。

 

③ 車体=黒色 → インジケーター=黒色

アース線として接続されます。

 

④ 車体=薄茶色/白ライン → 接続なし

おそらくウインカーリレーから出力されるウインカー左右どちらかの出力なのですが、

今回はウインカーインジゲーターを別入力させるので接続せずにカプラー内で殺しておきます。

 ギボシ

インジゲーター周りの配線が多方向に接続されているのでカプラーではなくギボシで接続します。

 

① インジケーター=黄色 → スイッチ=黄色

ハイビームインジゲーターに接続されます。

 

② スイッチ=濃茶色 → LHN700パイロットハーネス二股側

ウインカー左(+)インジケーターに接続させる為の配線ですが電気の逆流防止のためにパイロットハーネスを使って配線を束ねます。

 

③ スイッチ=濃緑色 → LHN700パイロットハーネス二股側

ウインカー右(+)インジケーターに接続させる為の配線ですが電気の逆流防止のためにパイロットハーネスを使って配線を束ねます。

 

④LHN700パイロットハーネス1本側(青色) → インジケーター=濃茶色

一本に纏めたウインカーインジケーター(+)配線をウインカーインジケーターに接続します。

 

⑤LHN700パイロットハーネス1本側(黒色) → インジケーター=薄茶色/白ライン

ウインカーインジケーター(-)配線からアース線として接続します。

 

⑥LHN700パイロットハーネスワニ口側 → ボディアース

ウインカーインジケーター(-)をボディアースに落とします。

 

⑦車体=黒色 → 接続なし

元々純正でヘッドライトアース用に接続されていた配線ですがライトスイッチのヘッドライトアースに繋ぐので今回は使用しません(ギボシをカバーして殺しておきました)。

 

 

あとは組み上がった配線を車体に合わせて点灯確認するだけ。

 

スイッチが後付け感無くついているのは気持ちがいい

 

ハザードスイッチだけでなくハイビームや何か追加スイッチを取り付ける場合、電気関係が苦手だからと後付けで適当なスイッチを噛ませるのは簡単な方法です。

 

しかし、ハンドル周りをゴチャゴチャさせるのは操作性的にも整備性的にも良くないですし、いかにも間に合わせで取り付けましたという雰囲気をさせるのは綺麗に乗りたい人間にとっては悩みのタネ。

 

手間も時間もかかる作業ではありますが達成感のある作業だと思うのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【手直し記事】TWにフォグランプを取り付ける

 

フォグランプの記事は過去のアクセスランキングの中でも上位に入る記事でしたが説明が甘いところが多数あったり画像の抜け落ちが多かったのでまとめ直してみました。

この記事はフォグランプの取り付け記事を統合して大幅に手直ししたものになります。

 

works-megusan.hatenablog.com 

works-megusan.hatenablog.com

 

続きを読む

バイクのハンドルスイッチをカスタムしてみませんか

ハンドルスイッチボックスのデザイン

 

バイクに乗ると必ず一度は触る部品。

 

 

ハンドルスイッチです。

 

モトクロッサーからハーレーまでどんなバイクでもほぼ必ずといっていいほど装着されているパーツ。

 

しかしながらバイクカスタムの中では結構カスタムの優先順位が低い方なのではと思います。

 

特に旧車、タンクやカウル、フォークがピカピカに磨かれているのにハンドルスイッチやプラスチック部品がくすんでいたり色褪せて白っぽくなっていたり…

 

最近のバイクではここに様々な電子部品が付いてますが、電子制御を使っていない大半の車種はシンプルな構成で構造も比較的単純なのでイメージチェンジにぴったりなのではないでしょうか?

 

今回は拡張性があったりデザインが洒落たスイッチをいくつかピックアップしてみました。

 

続きを読む

そういえばTW200ってどんなバイクだったっけ(2019年1月更新)

こんばんは。

 

  • TWって国内だとどんな感じだったの
    • 究極のアドベンチャーバイクとして開発された2JL型
    • ドラマが元にTWが爆発的流行、そしてストリート路線への変更がなされた4CS型
    • ついにディスクブレーキ化、オフロード色の消え去った5LB型
    • 初めての大幅なモデルチェンジ、TW225(5VC)の登場
  • 国外仕様のTW
    • 現在でも新車が製造されている
    • TW125という存在
  • んで今どんなの乗ってるの
  • 今後の予定 

(この記事は2016年12月1日の記事を全面的に加筆修正したものです)

TWって国内だとどんな感じだったの

TWシリーズの進化をまとめてみました。

 

続きを読む

日本メーカーの逆輸入車も魅力的なオフロードバイクが沢山ある (2019年1月更新)

こんにちは

 

 

めぐさんです。

 

  • 海外にも日本のメーカーのオフロードバイクが沢山ある
  • 国内では生産終了でも海外では現役
    • YAMAHA TW200
    • YAMAHA AG200
    • YAMAHA XT250
    • YAMAHA WR250R
    • SUZUKI TS185ER
    • SUZUKI DR200SE TROJAN 
    • SUZUKI DR-Z250
    • KAWASAKI KLX250S
    • KAWASAKI STOCKMAN
  • 国内未販売車種もけっこうあります
    • YAMAHA XTZ250 LANDER
    • HONDA XR190(AG-XR)
    • HONDA CRF150L
    • HONDA CRF230F
    • SUZUKI DR200S
    • KAWASAKI KLX150BF
  • 手に入れるハードルは意外と低い

 

 

海外にも日本のメーカーのオフロードバイクが沢山ある

 

ただの海外かぶれじゃねーのって思う節もありますが、

私にとって魅力ある車種は国内だけじゃないよーって感じです。

 

今回はオフロードバイクではポピュラーな軽二輪枠の125cc以上250cc以下から、公道仕様に改造が比較的安易なトレール/アグリカルチャー枠を国内販売終了モデルと国内でのメーカー正規ルート未販売モデルに分けてまとめてみました。

(各モデル2019年時の販売状況に更新、一部カテゴリ移動しました:2019/01/02)

 

続きを読む

真冬に雪林道に行って帰りにエンジンブローした

こんにちは。

 

12月に入っても妙に暖かいから暖冬かなと思いましたが、

年末になり急に寒くなりました。めぐさんです。

 

泉ヶ岳に行ってきた

 

ここ最近とある案件に参加しているおかげで(直前に告知します)冬休みとは無縁の生活をしていますが、やっとスケジュール調整ができたので泉ヶ岳に行ってきました。

 

以前はスキー場まで行くことすら危ぶまれるくらいの雪(当たり前だ)で、今年もそんな感じかなぁ…なんて思っていましたが、

 

今年の暖冬で全く雪がなく、いつもなら近づくことすらできないであろう林道に入ることに。

 

(しずりんいいよね…)

 

結果としてはすっ転び一回でしたが、リアタイヤが見事に雪を掻いてくれて同行のXLRが空転して前に進まないところでも何事もなかったように前進してくれました。

 

 

 

 

 

で、友人と別れいつものようにバイクでそのまま買い出しと洗濯に行った訳ですが…

 

バイクが動かない

1時間ほどバイクを停めていたので暖気をし、いざ発進をしようと1速に入れ軽く吹かしながらクラッチを繋ごうとした瞬間、

 

 

 

パァン…

 

 

 

という音とともにエンジンがストップ。

 

その後は二度と息を吹き返すことはなく、そのまま不動に。

 

異様にキックが軽くなったので圧縮がされない=少なくともバルブ周りがダメということなので少なくともその場で再始動は不可。

 

深夜1時にせっせと家までバイクを押して歩く羽目になりました。

 

おそらくこのまま行くとエンジン載せ換えになりそうな感じなので、2月くらいまでには再始動できるように頑張りたいなと。

 

おそらく二度とないであろうクリスマスになった私でした。

TWでページェントに行ってきたとか

これはバイク Advent Calendar 2018、8日目の記事です

adventar.org

生きてましためぐさんです。

 

最近聞いている曲

イベントで流れて最高すぎて感情になった曲

 

この時期でもやっているページェントがある

仙台のページェントといえば毎年12月中旬から開催される定禅寺通りのページェント(

http://www.sendaihikape.jp/)が有名ですが、2016年から泉パークタウンにて ヒカパ SENDAI光のページェント in 泉パークタウンが開催されています。

www.hikapa.jp

行ってみた

例年だと道路に面した街路樹が一面ライトアップされているのですが、タイミングが悪かったのか一部のみの点灯でした(これから増えるのかな?)。

 

とは言っても撮影をするには充分なレベルの点灯量で、定禅寺通りのような大混雑もなく(というかびっくりするほど車通りが少ない…)路肩に停車しての撮影も全く問題がないです。

 

私たちの他にも数グループ撮影に来ていました。

 

この日は200Γ乗りの友人がFTR223を納車したということで初撮り。

 

FTR250のシルエットを受け継ぎストリートトラッカーとして発売されたものの世間はTWと同じくロンスカベースとして大ヒットし案の定TWと同じような扱いを受けているバイク。

 

ある意味貴重なノーマルですがオーナーはロンスカよりもノーマルの良さをスポイルさせたくない派なのでいい感じに育て上げてくれることだと思います。

 

降雪の時期

ブログを書いた日の夕方にちょっとした山を通るルートを走ったのですが、微量ながら雪が降っていました。

今年はバギータイヤに履き替えたこともあり1回くらいは雪林道したいななんて考えてます。

例年以上に多忙&多忙なので微妙ですが…