馬になったり鹿になったり友人がオフ車を増車したり

久々でございますめぐさんです。

 

先週は特にこれといって更新するネタが無かっただけです。

 

 

奥新川の奥に再訪してみた

このブログにも度々出てくるDF200乗りの友人がXLR250Rfを納車することになり、一旦DFを冬眠させるので走り納めを兼ねて奥新川へ行ってきました。

 

私は特にやることが無かったのでプロフィール写真を撮影することに。

こちらの馬ですがモノは高校2年生の時に買ったもので今年で4年目。

アニメアイコンを自作することもできずかといって自撮りで顔晒しするわけにもいかないのでこやつを使っています。

 

 

友人には鹿になってもらいました

 

友人がXLR250Rfを納車した

というわけでDF200乗りの友人がMD16型XLR250Rfを納車したので見に行ってきました。

XLR250は年式順にMD16、MD20、MD22に分かれますが、今回友人が納車したのは最初期モデルであるMD16型。

 

1985年の発売開始から1年半の短い期間での販売で、赤く塗られたエンジンやバッテリーが付いていること、リアタイヤが17インチであること(購入した個体は後のモデルの18インチホイールに換装済み)が特徴です。

 

いつもの林道で簡単にチェック

シートも高く大柄(本当はこれが普通)なので私は乗りませんでしたが、側から見ていても明らかにDFやTWとは動きが違いさすが本物のオフ車は違うなと…

 

古いバイクなので年式的な老化はあるもののいざ動かせば85年式とは思えない動きをしていました。