オートサロンに行ったらインフルエンザになった

こんにちは

 

寒い日は家で楽曲漁りがとまらないめぐさんです。

 

私は父親の影響でトランスやユーロビートを幼稚園時代からずっと聴いてますが、

最近はハードコアテクノといったジャンルの音楽にどっぷりと浸かっています。

 

とりあえず最近聴き倒している3曲を挙げてみました。

 

このジャンルでは既存曲のリミックス(リアレンジ)が大多数を占めており、

ネットの深い海を探してみるとアニソンや国内Jポップなどをベースにしたトラックも

かなり多いです。

 

私が一番居ることの多いアキバ系界隈はアニソンのリミックスのメッカであり、

同人ネットレーベルで公開されていることも多いのでぜひ探してみてください。

 

オートサロンに行ってきた

前置きが長くなってしまいましたが、先日東京オートサロンに行ってきました。

 

場所は千葉県の幕張メッセ

 

今回は先日購入したEOS kiss X8iを使ってみるということをメインに見学に行ってきました。

行った日は1日目。

私の行っている学校が主催した見学ツアーでの参加ですので、

時間的制約もほとんど無くスタートからラストまで結構じっくりと見ることができました。

 

やっぱり駐車場からすごかった

私たちがメッセにに到着したのはお昼過ぎ。

開場は14時からだったので駐車場を散策してました。

f:id:Works_Megusan:20170120234401j:plain

普通の個人車をネットに晒すのもあまり良くないのでこちらではこれ一枚だけですが、駐車場では新型NSXを発見。

実車を生で見るのは当然初めてです。

ワイド&ローの極みでした。かっこよかった。

 

個人オーナーのチューニングカーも目立ってましたが、

意外とラリーカーやダートラマシンも多かった印象でした。

オフ車好きとしては嬉しい誤算。

 

そうこうしているうちに開場時間になったのでそそくさと入場。

 

とりあえず西ホールから攻略してみる

(上写真:RE雨宮 FC3S/下写真:TRA京都 M3)

 

ぐるーっと回りきり個人的に良かったのがこの2台。

RE雨宮はGreddy4を意識したようなグリーンが印象的でした。まさにショーカーって感じですね。

TRA京都はこのリアビューから眺めた時のデザインが最高でした。板羽根好きとしてはたまらないです。

 

中ホールへ進む

(上写真:T&EVERTEX S15/下写真:OGUshow HIACE)

 

淡々と回っていき良かったのがこの2台。

 

T&Eはごついチューニングカーを並べていましたが、この全体がグラフィティに包まれた車両が良かった。ちゃんとスプレーでしたよ。

OGUshowはハイエースをピックアップ化してトランスポーターにした一台。

普通の3トンダブルキャブのトラックじゃダメなの?という声もあるとは思いますが、遊び心があっていいと思います。4ナンバーなのもポイントが高いです。市販予定だとか。

 

東ホールへ移動

(上写真:群馬トヨタ HILUX/下写真:GAZOO RacingヤリスWRC

 

群馬トヨタはオージースタイル(オーストラリアの広大な土地を走るために改造された仕様)のハイラックス。

この手のガードはARB社製のものが多かったですが珍しくTJM社のものが装着されてました。ちなみに四駆ではこのスタイルが一番好きです。最高。

GAZOO RacingはWRC参戦仕様のヴィッツ(ヤリス)を展示。

マツコデラックスが乗ろうとして断念したやつですね。

WRCも詳しくはないですが好きです。篠塚健次郎とか昔参戦してましたね。

 

さすがにスタートから3時間近く経っていたので少し休憩を挟んではたまた移動していきます。

ちょっと寄り道

(上写真:ガレージアクティブBNR32/下写真:TMSマーク2)

 

通常の展示ホールから離れてこちらはチューニングカーミーティングブース。

ひたすら騒がしいホール内とは違い静かで見やすい環境でした。

 

あまり時間がなかったので淡々と移動

ラスト北ホール

(上写真:ロードハウス 150プラド/下写真:ワンリ コルベット

 

ロードハウスはいかにもといった感じのオフロード仕様。こういうのも大好きですが、最近は新車でやる人もかなり減った気がします。ランクル80やパジェロなどがまだまだ多いイメージ。

ワンリはD1車両のコルベットを展示。ちなみにこのデザインは模型つながりのお友達の方のデザインがベースです。圧巻。 

 

ある意味今回のメインイベント

すべてのブースを見終わり小走りでイベントブースへ移動。

www.wws-channel.com

これが目的ですね。

 

撮影禁止の会場内だったのが少し残念でしたが、

初めて聴く生の歌声に圧倒されまくりでした。あとめっちゃつよそうだった。

 

ちなみになぜ今回のメインイベントがこれかというと

我が家にベストアルバムがあるからです(何故

 

何故か私の周りでは90年代の音楽趣味の人がたくさんいるようです。

類は友を呼ぶ。

 

総評

・駐車場のラインナップもすごい

・全部回りきることができるが1台に1分もかけられなくなる

・四駆は少ない

大黒摩季は強い

・レーサーや有名人が普通の人になってその辺に居る

・カメラのフラッシュはできるだけ使ったほうがいい

・手ぶれ補正がないと死ぬ

・ファインダー付きは構えた時安定する

・キャンギャルは結構邪魔(周りのカメコ込みで)

・オーディオ大会状態なので耳栓があると便利

・やはり人が少ない1日目が一番行動できる

・リュックやバッグを持ち込むと邪魔になる

こんな感じでしょうか。

 

撮影に関しては、やはり2日目以降は綺麗に車体を収めることは難しいんじゃないでしょうか。

人の写り込みなどを考えるとやはり1日目が優れていると思われます(ただしチケットは高い)

 

帰って仮眠してからが地獄だった

無事イベントも終わり、そろってバスで学校へ移動。

時間も時間なので途中のサービスエリアで車中泊をすることに。

 

どうやらここでかなりの体力を消耗したようです。

 

バスのシートはリクライニングも出来ない完全固定式。

横になるスペースもないので起きた時には全身が痛い…

 

ヘロヘロになりながらもなんとか帰宅しベッドで仮眠の取り直し。

昼過ぎに起きたらめまいと頭痛と咳鼻水の4連コンボでした。

 

熱を測ると38度。

https://www.instagram.com/p/BPUT0E6Brq9/

WTF#インフルエンザ #オートサロン帰りなのに

この日はただの風邪かなと思い、市販の風邪薬を飲んでひとまずは睡眠。

 

次の日

 

起きてみると尋常じゃない頭痛でまったく動けず。

おまけに内圧が上がっていたのか鼻血がポタポタ…

 

しかしこの日は日曜日近所の病院は全て閉まっており、当番医は5キロ近く先…

バイクで行こうかと思いましたが、この状態でまたがるなんて絶対に不可能。

 

タクシーも考えましたがさすがに病人運ぶのも嫌だろうということでこの日もひたすら家で安静に。

この日が一番辛かった…

 

はたまた次の日

 

なんとか前日ほどの動けなさではなくなっていたのでフラフラになりつつも近所の病院へ歩いて移動。

診断はA型インフルエンザでした。

 

薬を貰いその日も安静。

友人の話を聞くとどうやらクラス内でもぽつらぽつらとインフルエンザが出ているとのことでした。

その日の夜、担任にインフルエンザにかかったと連絡しつつぐったりしているとまさかのクラス学級閉鎖の話が。

 

なんとクラス16人がインフルエンザに感染したとの報告を受けて金曜日まで閉鎖をすることに。

衝撃的でした。まあそのうちの1人が私なわけなんですが。

 

で、次の日

薬のお陰か体調はかなり良くなりとりあえずは復活、

 

そして現在に至るといった感じ。

 

一人暮らしの体調不良は死ぬ

果てしなく困りましたね。

やはり一人暮らしとなると食事も当然フラフラの状態でしたし。

その結果3日ほどウィダーのみでの生活でした。

 

ぶっ倒れても誰も気がつかないという恐怖もありますし、

当然誰も助けてくれないのでこのまま…という可能性も十分にあります。

 

それなりの対策を打つべき

対策とはいっても食べ物備蓄しておくとか、その程度で十分ですが

何かあった時に初めて気がつくこともあるので反省でした。

 

病院も初診だったので診察までに時間がかかりましたし。

先に診察券を作っておくべきでした。

 

やっとバイクに乗れるぞ

とりあえずほぼ全快したのでそろそろバイクに…

と行きたいところですが連日の雪でなかなかな路面状況に。

もう少し暖かくなったら先日の市道にもう一度いってみたいと思います。

 

ではでは。