読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がついたら冬休みが終わってた

こんにちは、あけましておめでとうございます。

 

アルバイトしてたら貴重な長期休みが終わっちゃいました。

めぐさんです。

 

今回は3週間ほど休みがありましたが帰省以外はひたすらアルバイトの日々。

 

学校から工具持ち帰れるしバイクいじりできるじゃん…!と思ったらこの有様です。

 

元凶だったアルバイトも今週で最後なので失った時間はゆっくり取り戻したいと思います…

 

学校の友人たちとオフ会

 皆さんも冬休みに入ったもののアルバイトや帰省でなかなか休みが合わないので、

ここだ!というタイミングでオフ会を開催。

 

今回はビート、ジムニー、セロー、FTR(DFの代車)、TWの5人5台が参加。

 

参加者全員集まったのが0時近くでしたが、日付をまたいで深夜まで色々な話で盛り上がりました。

 

場所を移してビートのプチ試乗会も開催。

真冬なのにオープン&重ステでしたが、しっかり効くヒーターと車重の軽さに助けられてメッチャ快適運転でした。

 

ビートすごい。

 

そんなこんなで午前3時頃帰宅。

 

 

また予定がつけばみんなで集まりたいです…

 

(もしかしたら納車記念オフになるかも…?)

 

 

 

年末年始を利用して秋田に帰った

自己紹介の記事の通り元秋田県民で両親がまだ秋田に住んでいるので、

半年ぶりに帰省。

 

なんとオフ会の次の日です(4時間睡眠)

セロー乗りとジムニー乗りの友人と再び合流し、

買い物などしつつ2時過ぎのバスに乗り込み仙台駅を出発。

写真は岩手県に入ったあたりですが外の景色の通り一面の雪。

流石にバイクでは雪の峠は越えられないのでバスで移動しました…

 

そんでもって6時過ぎに秋田駅に到着。

 

この時期としてはかなり雪が少なかったです。

暖冬なのかな…

 

 

 

家ではひたすらまったりとくつろぎ日頃の疲れを癒し…

久々の秋田を堪能しました。

 

特に大きなイベントも起こらず気がつけば年が変わりあっという間に帰省最終日。

この日は親戚が遊びにきたので乗せてもらいバイト先へのお土産を購入。

 

年下のいとこに身長を抜かれてました…

帰宅準備をすませると夕方になりバスの時間が近づいてきました。

家族と別れ駅からバスに乗車して22時過ぎに仙台に到着。

 

あとはいつもの日常に戻る…といった感じでした。

 

ファインダー付き一眼デビューしました

今回の帰省で大晦日に購入。

ついに買っちゃいました。

 

機種はCANONのEOS Kiss X8i

 細かい商品レビューは後日…というか発売から2年経ってるので探せば細かく出てきます。

 

来年新機種が出るみたいですね。

 

ちなみに私は同じCANONのEOS Mを持っていますが、そちらもしっかり使っていきます。

 

流石に林道にX8iはおっかなくてまだ持っていけないですからね。

買って半年もたずに破損なんてことになったら悲しいですし…

とりあえずはイベント&家用で。

 

もっかいプチオフ

撮り忘れて画像がないのが残念ですが帰省から戻った後にジムニー乗りの友人と深夜にプチオフ

しばらく前に個人売買で手に入れたPS3用のソフトを物色しに中古屋に行ったりしてました。

 

ちなみに物色中に地震に遭うハプニングが。

最近また体感地震が増えてますね。

月に2〜3回は揺れてます。

 

冬休み終了

文章にすると結構色々とやったように感じますが肝心な家のことは放りっぱなし。

ここのあたりはもう少し融通がきかせられたかなと少し反省。

 

今後は学校もさらに忙しくなりますがバイトがなくなる分更新作業に割ける時間が増えるのでもう少し更新ペースが上げられるかな…と。

 

とりあえずはカメラの紹介が最優先ですね。

そのうち家の車のことも少し書ければいいかなと思っています。

とりあえずこの写真でどんな車か想像してみてください…

X8iで初撮り 

 

ではまた。

未舗装路リベンジしてきた

こんにちは

 

期末テスト期間です。めぐさんです。

 

前回の記事で雪が降ってバイク冬眠なんてことを書きましたが、

普通に暖かいです。

 

これが仙台市中心部の冬…

 

さすがに泉方面は雪みたいですが。

 

 

林道リベンジしたい

先日見事に林道デビュー失敗した私ですが、

ここ最近の気候ならなんとか走れそうな林道無いの?ということで

ネットで調べていました。

 

で、見つけたのがこのルート

見えにくい人は適当に縮小してね

 

仙台市主要地方道90号仙台南環状線 - Wikipedia

 

これ市道じゃん

市道なんです。

 

市道なのに未舗装なんです。

 

正確には市道の一部ですが。

 

このルート、八木山から青葉山方面に抜けていく(またはその逆)道として利用されています。

 

具体的には八木山動物公園駅駐車場から宮城教育大に抜けるルートというべきでしょうか。

 

間に朝鮮学校があります。

 

 

実際に走ってみた

今回は青葉山側からコースイン。

入ってすぐカーブがあるので注意しましょう。

道質が砕けたアスファルトに砂利が乗っているような感じなので滑ります。

コース途中にあった待避所で撮影してみました

フェンスの奥に進むと簡単な食事のできる広場に着きます(バイクは入れない)

奥側が走行路です。

 

全体的にコースは非常に狭く、軽自動車でもすれ違いは不可能なレベル。

 

道質は基本フラットで場所によって若干穴ボコがある程度でした。

八木山側の道に少しガレている(とはいっても握りこぶしほどの石がそれなりの量転がっているレベル)部分があったくらいですかね。

 

タイヤの汚れ方からわかる通り、長期の晴れ間の際なら泥飛びもしません。

 

私は10キロから20キロの間ぐらいでのんびり巡行していましたが、

腕に自信がある人ならテールを滑らせながら走っても面白いかもしれません。

 

ただし崖もあるので注意。

無理は禁物です。

 

また青葉山側からのコースインの際に軽バンの対向車があったので交通量も無いわけではないようです。

 

ハンドガードもバッチリ撮れました。

 

一旦出て適当なところでUターンし反対側からコースイン。

 

とはいっても大した道でも無いのでものの5分もかからず終了。

 

あっさりしてたので

青葉山側出口から脱出した先にある道を走っているとあまり整備されていない側道が。

 

突入してみました。

残念、ゲート閉鎖でした。

 

調べるとどうやら青葉山総合グラウンドから鈎取山配水所につながっているみたいです。

防犯上の理由ですね。歩行者は入っても問題無いみたいですが。

 

ゲートが開いていたらいい撮影スポットになりますね。

 

とりあえずリベンジ完了ということで

コースとしては指定林道ではなく一般市道(と言っていいのか怪しいけど)でしたが、

前回のリベンジにはなったかなと。

泉が岳まで行くのは遠い…という場合にはちょうどいいかもしれませんね。

 

この辺もそれなりに廃道もあるみたいなので余裕ができたら走りに行きたいですね。

 

 

 

ちなみに夏は結構な頻度でクマが出るらしいです。仕方ないかな。

初ツーリングで雪山行ったりハンドル変えたりな日曜日

こんにちは

雪ががっつり降ってきてバイクの冬眠をそろそろ考えてるめぐさんです。

 

舗装路でコケると被害大きいですし交差点で他の車に迷惑をかけると思うと危ないですからね。

 

なお防寒グローブを最近買った模様。

 

納車したらツーリングをしよう

バイク乗りの楽しみの一つ、ツーリング。

当然私も前々から友人とツーリングをしたいと思っていました。

タイヤもオフロードタイヤに交換して未舗装路に突っ込む準備もバッチリ…

というところに、

友人のDF乗りからこんな連絡が。

 

私もバイトの休みが取れたので行こう!という話になり比較的フラットな道路だという泉が岳行くことに。

新しいタイヤのインプレにもちょうどいいタイミングでしたからね。

 

この時私は都心部の昼には溶けるような積雪量だしあまりやばかったら引き返せば大丈夫だろう…と思ってました。

 

実際に行ってみた

(現地で走らせるのに必死だったので少ない写真でお楽しみください)

 雪

(奥のTWの所にいるのが私)

 

 

結論:林道突入は断念しました

 全然大丈夫じゃなかったですね。

 上の写真は林道手前にあるスキー場駐車場。

林道内も積雪量は同じような感じでブーツがほぼ完全に雪に埋まるくらいでした。

 

ここにたどり着くまでの道はアイスバーンに雪が乗っている状態。

サスペンションの柔らかいDFは比較的トラクションがかかりグイグイと進みますが、

サスペンションの柔らかいTWはまともにトラクションがかからず常にズルズル滑っている感じ。

フロントも接地感がなくフラフラしていて恐怖でした。

 

なんとか林道入り口にたどり着いたものの、トラクションのかからない状態で進むのは危険で無理に突っ込んでも楽しくないと判断し、撤退を決めました。

 

なによりもそこまで到達するまでにドライバーの集中力が限界になっていたのもありますが…

 

その後はジムニー乗りの友人と合流しスキー場の駐車場で軽いスライド遊び。

 

DFとジムニーは楽しそうにターンしていましたが

圧雪に近かったTWはちょっと走ってはスタックの繰り返しでした。

一速全開でクラッチ離しているのになんで進まないんだ?と思って後ろを見たら

見事に空転していました。冬季の電車かよ

 

 

で、下山。

 

コンビニでしばらく休み、本日第二の目的地である用品店へ。

 

ハンドーガード装着したい

オフ車、特にトレール仕様のバイクといえば横転した際や道路上にかぶさる木の枝から手を守るハンドガードが付いています。

 

見た目のファッションとして目立つ部品でもありますね。

 

しかし、TWの純正ハンドルは構造上鉄芯の入ったハンドガードを装着することができません。

 

そこで考えられるのが、他社製のハンドガード対応汎用ハンドルに交換しそこにハンドガードを取り付ける方法です。

 

 この方法なら汎用のハンドルの取り付けができればハンドガードも取り付けできますし、メーカーを揃えることで見た目も良いのでは?と考えました。

 

で、購入した商品がこちら

 

 

 

ついでにグリップも同時に購入。 

 

取り付けは全て店員さんにお任せしました。

私が少ない知識で無理やり取り付けてもミスをするだけですからね。

 

取り付けは純正のスロットルやブレーキワイヤー関連の取り回しに苦労したとのことでした(店員談)

 

取り付け後のインプレッションとしては、

  • ハンドルの角度が変わったのでスタンディングポジションが楽に
  • 風も当たりにくくなったので快適性も向上
  • ハンドルの取り回しはハンドガードの重さが加わり若干低下
  • チューブ装着部分が純正よりも外側になったので力がかけやすくなった
  • 見た目がオフ車っぽくなった(重要)

こういった感じでした。

なによりも見た目がオフ車らしくなったのがポイント高いです。

 

 一応タイヤのインプレも

土にまで持っていけなかったのが心残りですが一応100kmほど走ったのでインプレです。

  • 雨天時の舗装路のグリップが若干落ちた
  • シート高が増えた
  • タイヤノイズが増えた
  • ハンドルの手応えが大きくなった
  • 見た目の迫力が出た
  • バイト先に置いている際にバイクについて聞かれることが増えた
  • オフ車っぽくなった(重要)

実際のところ乗り味に関するメリットはあまりないです(汗)

 

どちらかというと置いている時にゴツゴツしたタイヤだね!と声をかけられたり、珍しいイジり方してるね!と言われたりすることが増えました。

 

ちなみに雪のグリップは新雪ならバッチリ、圧雪は全くグリップしませんでした。

荒いパターンで路面を掻くもののゴム自体のグリップはほぼ無いに等しい状態だったみたいです。

 

リベンジしたい

雪が溶けたらぜひリベンジしたいですね。

太いタイヤで雪道も走れると言われてはいたものの、それなりにオフロードの走行経験のある友人でもお手上げ状態でしたし。

 

もうすぐ年末

ということで一旦今回で年内の改造は終了、あとは走るだけ…という感じですが、

ネタを見つけてはのんびりと書いていくことになりそうです。

 

TWの最終型の純正タイヤから初期型の純正タイヤに交換した

こんにちは。

CanonのEOS X8iが欲しい、EOS M使いの私です。

 

ヨドバシに行ったらカタコトの外人店員にめっちゃM5を推されましたが、

なんかコレジャナイ感がするんですよね。

 

TW200のタイヤを交換した

またまた出てきました納車時の写真

明るいところで私のTWのみが写った写真がこれしかない

 

そもそもどんなん履いてたの

私のTWは00年式です。

前の記事でも紹介した通り、純正タイヤは亀甲タイプのオンロード向けの物を装着しています。

 

 こちらがフロント用(実はセロー225のリア用サイズと同じ)

 

 こっちがリア用

 

ぶっちゃけこっちでもフラットダート程度なら走れはするのですが、

初心者でましてや足の着きが悪い私がこれのまま走れるわけがなく…

 

見た目の雰囲気もあまり好きではないので交換になりました。

 

で、

 

今回装着するタイヤがこちら

 

こちらがフロント用

 

こっちがリア用

 

国内版初期TWの純正タイヤであり、海外版現行TWの純正タイヤです。

(友人談:ブロック間隔広くない?)

実はDunlopのK180と迷いましたが、用品店に並んでいた新品を見かけた際に意外と溝が浅かったので今回は見送りにしました。

滑るという話もあるので次回もTWかなとは考えています。

欲を言えば一部の人が試しているATV用のタイヤも履いてみたいですが、

さすがに舗装路メインになると厳しいので履けませんね。毎回交換もつらいですし。

 

ちなみに共に信頼と安心のAmazonで購入。

普通に宅配便で届きました。

 

こんな感じで部分ビニールで配送されてきます。

今回は失敗したときのためにワンセットずつ新品のチューブも購入。

数日寝かせた後、意を決して某所で交換してもらいました。

 

どんな感じの作業だったの

とある事情で撮影できないので写真はありませんが、

  1. 前後のタイヤを車体から外す
  2. ビードを落とす
  3. チューブを抜き取る
  4. 古いタイヤを取り外す
  5. 新しいタイヤを半分まで入れたタイミングで新しいチューブを入れる
  6. タイヤを完全にリムに入れる
  7. チューブを膨らませて空気圧調整
  8. 車体に取り付けて完成

まあ通常のオフロードバイクと特に変わらない組み付けでした。

懸念事項だったビードの上げ落としもタイヤチェンジャ―を使えたので楽々。

実作業時間は1時間程度でした。

 

作業中は車体を縦にした一斗缶の上に載せていましたが、

終始安定した状態で前後両方とも地面から離れていたのには驚きました。

重量バランスがきちんと考えられているのかもしれないですね。

 

取り付けたらこんな感じになったよ

装着直後なのでトレッドにマークが残ってますね。

 

いままで以上にオフロードバイクっぽさが出たかなと。

ホイールも余った時間にコンパウンドでリムを磨いたのできれいです。

 

インプレッションを…と思いましたがまだ40キロほどしか走っていないので表面の皮むきが終わっておらず、林道にも持って行っていない(というかまだ未体験)ので落ち着くまで持ち越しにしたいと思います。

 

おまけ

 

友人のDF

山帰りでこのまま街を走ったらみんなこっち見たと興奮気味に話してくれました。

(ドMか?)

そういえばTW200ってどんなバイクだったっけ

こんばんは。エアツールのチャックをなかなかつけられない私です。

私の腕の力がよわい(´・ω・`)

TWってそもそもどんなバイクなの

基本的に一昔前のカスタムベースバイクのイメージが強いですが、

f:id:Works_Megusan:20161201193933p:plain

www.yamahamotorsports.com

こんな感じでTWって海外では現行車種なんですよね。

DualSportsとしてアドベンチャー系で登録されてるみたいですが、

用途としては農業用だったりが多いみたいです。

 

というわけでスペックなどはヤマハのサイトを参照で(投げやり)

サイトの表示がおかしいのは気にしない

 

とりあえずしばらくは部品供給は問題ないでしょう。

 

TWって国内だとどんな感じだったの

www.goobike.com

はい、キムタク仕様。

 

知らない方のために説明をすると、

2000年の1月から3月までTBSで放送されていたドラマ

ビューティフルライフ

の主人公である木村拓哉が乗っていたバイクです。

 

それまでTWといえば87年の発売からセローの兄弟車としてバリバリのトレール系として販売されており、オフロード色の強いバイクでした。

 

90年代後半、FTRやグラストラッカーなどオフ車ベースのストリートバイクがじわじわと流行だし、ドラマで一気に流行。

街にはドラマと同じようなカスタムTWが溢れかえった(らしい)のです。

 

で、それに目を付けたのかメーカー側も今までのオフロード色の強かった路線から一気にオンロード(ストリート)に路線変更。

 

その後225㏄に排気量がアップしたり細かいカラーリング変更を重ねて2007年に誕生20周年オレンジの限定カラーが出たものの、生産終了当時はブームも廃れて目立たずひっそりと国内販売を終了しました。

 

んで今どんなの乗ってるの

 

私のTWの紹介をば。

引き渡し場所でオイル交換中の図

 

 

年式は2000年式、形式はDG07型です。

この年からフロントがディスクブレーキになり、タイヤが亀甲タイプのオンロード向けの物になりました。

 

ちょうどヤマハがTWを本格的にオンロード向けにシフトした年式ですね。

 

カラーはライトブリティッシュブルーメタリック。

メタリックブルーのタンクにベージュのカウルという色です。

 

前所有者は学校の先輩。

入学前に探していたところに売りたいという話が入り、一度流れたものの、やはり生活上必要ではないかということになり相談。免許取得まで待ってもらえることになり、教習所を卒業後購入しました。

 

私はオフ車が好きです

 

https://www.instagram.com/p/BMi8dxiDXwZ/

友人達と#Suzukidf200 #df200#yamahaserow225 #serow225#yamahatw200 #tw200

 

 そもそも私は4輪オフ派の人間で、オフロードコースや廃道を4駆で走るのに同乗したり、イベントに見に行ったり、キャンプに参加してみたりと2輪とはほとんど縁のない生活をしていました。

 

TWを手に入れて林道を走りたい…!と思うものの、タイヤはオンロード向け、丸ライトにガードはアンダーガードのみ。

 

要はほぼほぼオン向けなんですよね。

 

腕のある人ならこのタイヤで行けるのかなとは思いますが、今の私にはそうはいきません。

 

で、

 

https://www.instagram.com/p/BNHGTXejbiA/

きっとオフ車になりますBSのTW31と34の図#初期型標準タイヤ#bridgestone

 

必然的にこうなるんですよね。

 

というわけで次回に続きます。

開設してみました

 ごあいさつ

 

はじめましての方ははじめまして、知りあいの方はお世話になってます、めぐさんです。

 

とりあえずの自己紹介

出身は東京都、現住は宮城のわりと栄えてるほうです。

 

今年の春に秋田から引っ越してきて秋口にバイクの免許を取り、

TW200Eというバイクに乗り始めました。

 

当然初バイクです。

 

他の趣味…というか元々の趣味は車の模型製作で、

そっちがメインでこんなブログも持ってます

模型のサイトでも少しだけバイクネタを書いていましたが、

模型ブログで自分の中で決めていたルールである定時更新がし辛くなったのとちょっとまとめるのが大変になったかなぁという思いがあって

バイクネタはこちらに独立することにしました。

 

というかBlogger使いにくい

 

私のバイクについてざっと

https://www.instagram.com/p/BM-VME1jVDh/

泉パークタウンで少し早めの光のページェント開催ということでプチ撮影会#tw200 #yamahatrail

 

こんなバイクです。

バイクに詳しくない人でも知ってる人もいるかな

 

後ろが太くてトコトコ単気筒でハンドルがけっこう切れてサスが硬い…

乗って一週間での感想がそんな感じでした。

 

教習所のスーフォアしか乗り味を知らなかった自分にとってはかなり衝撃的でした。

 

少しラフに扱ってもマイルドについてきて自分には合ってるかなと…

 

でもサスが硬くて足が届きにくいかな…

これは自分の足の短さが問題ですね(笑)

この辺についても多分そのうち書きます。

 

 

今後の予定

現状この車種では珍しいノーマル車(なんで珍しいかは多分そのうち記事にするかな)なのでそのまま維持…と思いましたがそこまでノーマルにこだわりがあるというわけでもないので、ちまちまいじっていこうと思ってます。

 

ブログの更新もバイクいじったーメンテナンスしたーツーリングしたーな感じの内容になりますのでよろしくお願いします。

 

ではまた。